貸し会議室はとても便利なビジネスツールです

貸し会議室は民間団体や企業などが、日頃使っていない空いているスペースを貸し会議室として貸し出しています。以前までは公的機関が一般的で、公民館や産業会館などに貸し会議室がありました。しかし、団体の種類によっては高額なレンタル料であったり、何かと制限が設けてありました。ここ最近の貸し会議室は料金も低額で利用できたり、設備が整っていて充実しています。さらに、いろんな使い方があります。

貸し会議室はとても便利なビジネスツールです

■起業したては大変
起業を考えていたり、既に起業している方にはピッタリの貸し会議室です。クライアントや社内のスタッフとの会議やミーティングの場所が必要などという時はこの貸し会議室が便利な方法になります。実際に会議室のスペースを設けて運営を行うという事が理想の形ですが、ここを削減し会議の時は貸し会議室を利用する会社の運営方法もあります。起業したては何かとお金がかかります。軌道にのるまで貸し会議室を利用して効率よく運営するという考え方もあります。

サイテーション■東京の貸し会議室~御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター http://solacity.jp/

■設備が完璧
まだまだ出来たばかりの新しい会議室やおしゃれな空間の貸し会議室などが増えています。会議に必要な、ホワイトボードやプロジェクター、マイクなど設備が充実しています。立地も良い所にある貸し会議室がありますので遠方からの場合も便利です。

■貸し会議室メリット
これまでの貸し会議室に比べると設備も整っていて充実していますから、理想の会議ができます。起業を考えている方の起業前のメンバーとのミーティングなどは意気込みが変わります。起業したてで大変な時期ですが、そんな貸し会議室でのクライアントとの会議は有意義に話しができ今後に期待がもてます。

■雰囲気は大事です
貸し会議室はいろんな種類があります。いろんな空間のその雰囲気はアイデアを出したり、話し合いの場所で何かの解決策を探している際に空間が影響してくることは大いにあります。近くの喫茶店でのお話より、貸し会議室を借りてしっかりお話する方が、しっかりとした方向や答え、解決策が見つかりやすくなります。

■ネットがあることで
インターネットの存在で大きく仕事のやり方が変化しています。起業となると、事務所を構え、社長室や会議室を設けて運営していくというようなスタイルが基本だったイメージがありました。しかし、今は違います。起業しても店舗も事務所も持たない起業家はたくさんいます。必要な時にこの貸し会議室を利用して大事な会議を行う。よく考えてみると、非常に効率のいいやり方です。維持費やその他の経費がかかりません。その分、利益になったり今後の事業展開の為に使うことができます。貸し会議室は起業家にとって便利なツール、アプリみたいなものです。

■その他の使い方も
会議のためだけの使い方以外にもちょっとした簡単な交流会やパーティー、講演会などにも利用できる貸し会議室も増えています。大きな会場を借りて行うほどのものではないようなイベントや講演会にちょうどいい大きさのスペースになります。会社説明会や研修なども、設備が整っていますので社内で行うより効率がよく便利な場合が多く、利用する企業が増えています。個人でも、小規模の30人から50人弱のママ会や手作りのアクセサリーなどの展示会を行ったり出来る貸し会議室は多くあります。

■貸し会議室はお互いにいい
このようなスタイルがなぜ増えているかと言えば、今の時代の働き方の変化が一番の理由になります。その働き方の変化に伴い、ビルの所有者は空き店舗としてその空間を貸し出すより、貸し会議室として貸し出す方が効率がいいのです。利用する方は費用も安くでき、提供する側は利益もでてお互いにメリットが大い貸し会議室なのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ